2008/4/25

●ロックと××(チョメチョメ) 最終章

> ROCK と XX, ご挨拶 — サイトウD @ 12:17:41

今回で、本当に最後となります。
短い間ではございましたが、お読み頂いた皆さま、重ね重ね有難うございました!

さて。
ロックを聴かないという人から受ける質問で一番困ってしまうのが
「ロックってどういう音楽なの?」
という質問です。
また、「ロックとはなんぞや?」 という話題はロック・ファン同士の間ではタブーであり、
三日三晩の議論と大喧嘩は確実なのであります。

ロックが誕生したばかりの50年前ならいざしらず、
常に細分化を繰り返し、進化を遂げ、他のスタイルとの融合や交流を経てきた結果、
もはやロックとは、スタイル云々で語れる音楽では無くなってしまっているのです。

それではロックの定義とは何か? と申しますと、
唯一あるとするならば、メンタリティの在り様にほかなりません。
ただし、
ある人は 「アンチテーゼこそロックである」 と言い、
またある人は、「社会との摩擦である」 と言い、
さらにある人は 「楽しいけりゃ何でも良い」 、
そしてある人は、「メタルだ!」 ・・・・・・

これもまた100人いたら、100人分の定義があるのだから困ってしまいます。

でも、だからこそ楽しいのがロック。
何をやっても良いんですから。
自分が 「ロックだ!」 って言い切っちゃえば(笑)
そして結局、それら100通りの定義をあえて共通づけるならば、
「オレ、オレのこと観て!」 という自己アピールなのではないかと(笑)
音楽を自己表現の手段として利用するという考えは、
ロックが産み出したものなのではないかと思っています。

ならば、僕のロックって何よ? という事になりますが。
それは、有線放送キャンシステムのチューナーで、
「ロック/ポップス」(A-12/SPACE DiVA:226) に合わせて頂ければお分かりになるはず!

もちろん他にも色んなチャンネルを制作し、力を注いで参りましたが、
ココが一番 「俺ロック」 色が強く、
このブログと最も連動していたチャンネルであります。
(もう一方で、「relax cafe」 なんかは、「アンチ・ロック」 という意味で面白かったかも)

ちなみに 「ロックと××」 というタイトルは、ノリと言うか、理由も無く決まったわけですが、
今考えてみると、なかなかのもので。
山城新伍はかつて、「あんなこと」 を 「チョメチョメ」 と表現しました。
そして、「ROCK ‘N’ ROLL」 の語源とは本来、
すなわち 「チョメチョメ」 のことを指しているのです(Wikipedia参照)。
愛の告白というものは、まさに、自己表現の最もたるものですしね(笑)

多分にロックなタイトルであったなあと、今になって思っています(笑)

とにかく。
きっと僕はこれからも、間違いなくロックを聴き続けるんだろうな~と思います。
僕はロックの他にも HIP HOP、R&B、ジャズ、クラシック、J-POP、演歌に民謡に童謡に・・・
他にもまだまだ何でも聴く雑食人間ではありますが、
やっぱり、ロックだけは特別なのです。
好きな音楽と聞かれれば、やっぱりロックと答えるでしょう。
そんな男でした。

ってな訳で皆さま、これで本当に最後となりました。
これからも有線放送のキャンシステムを、何卒ヨロシクお願い申し上げます!!
さようならー。

●HPwww.cansystem.co.jp
●音楽情報サイトwww.music-lounge.jp/
●番組情報サイト 『Music Lounge』www.cansystem.info/
●有線リクエスト・ランキングranking.cansystem.info/
●衛星BGM 『SPACE DiVA』www.spacediva.jp/

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

トラックバックURL : http://blog.music-lounge.jp/2008/04/239/trackback/

コメント RSS トラックバック URI

コメントをどうぞ